補償の内容

大切なお子様に24時間安心して過ごしていただけるようにリスクを補償します。

●賠償補償ご家族全員が対象第三者に損害を与えてしまった場合…

日常生活において、誤って他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。
*被保険者の範囲については、重要事項説明書(契約概要)をご確認ください。

  • 学校等が責任を負うべき事故や、お子様を監督している方に対する事故等、被保険者に法律上の賠償責任が発生しない場合は保険金のお支払対象となりません。
例えばこんな時
自転車に乗っていて人に衝突し
大けがを負わせてしまった。
●育英費用補償天災補償付扶養者が事故で万一の場合…

扶養者の方が、ケガにより死亡または重度後遺障害を被った場合に、お子様のための育英費用補償保険金をお支払いします。

  • 扶養者とはお子様の親権者かつお子様の生計を主に支えている方をいいます。
例えばこんな時
扶養者が、交通事故で亡くなった。
●傷害補償天災補償付お子様ご本人がケガをされた場合…

学校内や登下校時のケガ、交通事故・遊びやスポーツ中のケガ、熱中症まで幅広く補償し、入院・手術・通院・後遺障害・死亡保険金をお支払いします。

例えばこんな時
公園で遊具から落ちて大怪我をした。
 
●疾病補償お子様ご本人が病気をされた場合…

新たに病気になり、入院されたときや所定の手術を受けたときに保険金をお支払いします。

  • 0歳児はお申込いただけません。
  • 先天性異常、現在治療中(投薬のみの場合を含む)または完治していない病気については補償対象にはなりませんので、ご注意ください。
  • 本補償には「死亡、後遺障害、通院補償」はありません。
  • 傷害補償で対象となっている熱中症、特定感染症の場合は、重複してお支払いします。
例えばこんな時
風邪をこじらせ肺炎になり入院した。
●葬祭費用補償お子様が所定の特定感染症を発病し亡くなられて、葬祭費用が発生した場合...

親族が葬祭費用を負担した場合にお支払いします。

渡航先でお子様がコレラに罹り
死亡して葬儀を行った。

●救援者費用補償お子様の捜索・救助活動が必要な場合…

事故により、お子様の緊急な捜索・救助活動が必要と警察等で確認された場合などで、親族がその費用を負担された場合にお支払いします。

例えばこんな時
お子様が川でおぼれて遭難した。